蔵元の紹介

千代菊は時代が育てたうまい酒。時に酔い、花に酔った「清酒事始め」。

天下統一の大望を成し遂げた豊臣秀吉。その絢爛たる安土桃山時代は、また文化の面で日本のルネッサンスともいわれます。
今日の澄んだ日本酒、即ち清酒がはじめてあらわれたのも、この桃山文化のさなか、 太閤秀吉による華麗な醍醐の花見に、諸大名からの献上酒の中に含まれるようになりました。
神代のむかし、コノハナサクヤ姫以来続いた日本酒(にごり酒)の歴史に、新たなページが加わったのです。
千代菊蔵元の初代・坂倉又吉吉之が、ここ美濃の地にやってきたのもこの時代です。
戦国の大名・蒲生氏郷の没後、国主運命を共にして武士を捨ててのことでした。

大岡越前守活躍のころ、銘酒「薄紅葉」誕生。千代菊 創業元文三年。

美濃国・竹ヶ鼻村に居を定めた坂倉家は、元文三年(1738)七代目当主・又吉に至って酒造りを始めました。
伊吹おろしの冷気が満ち、清流・長良川の地下水が豊富に湧き出て、また濃尾平野穀倉地帯の中央に位置するこの地こそ、酒造りに最適であることに着目したのです。
名君とうたわれた徳川吉宗、名奉行の誉れ高い大岡越前守らの活躍した時代でした。当時の酒名は「薄紅葉」。その淡麗でまろやかな味わいは、美濃の秋を彷彿させたことでしょう。

「黒船」襲来のころ、千代菊誕生。

十九世紀の中ごろ、鎖国のわが国に開国を求める黒船が次々に来航し、太平の夢が破られます。そして、世は次第に幕末の動乱期へと向かったのです。
この過渡期にあたる文化年間に、今の代表銘柄「千代菊」が九代坂倉又吉により生まれました。異国船襲来という国難に当って、日本のいやさかを念じてのことと伝えられています。

酒造りの命は水。千代菊は豊富な水量を誇る長良川の清冽な伏流水で仕込まれています。

鵜飼で有名な長良川は、その上流にダムをもたないことも大きな特徴です。
延々158kmの流れは、岩に砕け、瀬を下りながら、よどみなき大河を形成する一方、清浄このうえない地下水をこの地一帯にもたらしています。
昔から、「清酒は米と水」と言われるように、水の良し悪しは酒の良し悪しに直接大きな影響を与えます。このことは、昔から良水のあるところに銘醸地が誕生しているということからも明らかです。
千代菊は、木曽川と長良川に挟まれた羽島市にあります。この地域では、比較的浅い井戸の場合は木曽川水系の水、そして地下100m以上になると長良川水系の水、さらに200m以上掘り下げると揖斐川水系の水となると言われています。
千代菊の酒造用水は、地下128mから汲み上げる清流長良川の伏流水です。カルシュウムなど、無機質を適度に含んだ清らかなこの名水が、千代菊ならではのまろやかさを生み出しています。

濃尾平野

濃尾平野は岐阜県南西部から、愛知県北西部にかけて広がり、いわゆる美濃から尾張までカバーする日本有数の平野でもあります。
木曽三川である、木曽川、長良川、揖斐川により形成された沖積平野として土壌は大変肥沃であり、稲の栽培や作物には大変恵まれた環境にあります。
東方は尾張丘陵、西方は伊吹山地や養老山地、北方は両白山地に囲まれ、海方は伊勢湾へと続いています。

気候

夏は高温多湿で蒸し暑く、全国でも有数の酷暑地帯でも知られています。
冬は乾燥したカラッとした晴天が続きます。しかし、「伊吹おろし」と呼ばれるほど、冷たい強い風が濃尾平野を吹き荒れ、晴れた日は多くとも、寒い日が続きます。
冬型の気圧配置の時には、新幹線にも影響を及ぼす、大雪となることがしばしばあります。

こだわりのお米を原料に、心を込めて丁寧に造られていきます。

千代菊の酒造りの特徴の一つに、小造りと大造りの造り分けがあります。 小造りは、洗米、酒母造り、麹造りを全てを徹底した手造りで行います。 今尚、手間のかかると言われる蓋麹法での麹造りも続けております。 大吟醸・純米吟醸・吟醸・純米の造りはこの手造りで行います。 昔ながらの千代菊伝統の酒造りを次代にもしっかり受け継いで参りたいと考えております。

大造りは、蒸米以後は出来る限り原料米に直接手を触れず、雑菌を排除して安定的な酒質の酒造りをしようという考えに基づいた酒造りです。 主に、本醸造酒・普通酒はこの大造りで醸造しています。

大造りは、蒸米以後は出来る限り原料米に直接手を触れず、雑菌を排除して安定的な酒質の酒造りをしようという考えに基づいた酒造りです。 主に、本醸造酒・普通酒はこの大造りで醸造しています。

原材料へのこだわりも、代々引き継がれてきた、千代菊の酒造りの特徴です。
「原料米」は酒の品質を決める大きな要素となります。千代菊では目標とする製品の品質を考えて「原料米」の選択をしています。 最高級の酒造好適米「山田錦」はその産地(特A地区・A地区)と等級(特上・特等)にこだわります。JAS有機認定米は、産地に赴き直接農家の皆さんと協議し、契約栽培をしていただいております。 現在は、上記のように契約栽培で入手している原料米が半分近くになりました。
もう1つは、「水」だと思います。 千代菊の仕込水は、鵜飼で名高い清流「長良川」の伏流水です。地下128mの井戸から汲み上げた水を使用しています。 毎年醸造用水の検査をしていますが、この水は「軟水」でまったく「無菌」のお水です。 ですから、醗酵のスピードはゆっくりでもろみ日数は長くなりますが、酸度が低く口当たりがソフトで上品な味わいのお酒になります。

AS有機認定米は、産地に赴き直接農家の皆さんと協議し、契約栽培をしていただいております。現在は、上記のように契約栽培で入手している原料米が半分近くになりました。

千代菊が有機米を使った酒造りをする理由

有機農法とは、植物が本来持っている力を最大限に発揮させる農法であり、人間がするのは、そのための環境を整えるだけ」という話を聞いたことがあります。
この考え方は、酒造りにも当てはまります。「酒は造るものではなく育てるもの。杜氏や蔵人の役割は、酵母や麹といった微生物が働き易い環境を整えること」千代菊は酒造りをこう捉えています。
創業以来千代菊は材料にもこだわり続けてきました。このこだわりから、有機栽培米に着目し、有機米を使った酒造りを始めました。
材料へのこだわりからスタートした有機米を使ってのお酒づくりでしたが、実は根底に流れる考え方が一緒でした。 こうして考えてみると、千代菊が有機米を原料としたお酒づくりに取り組んでいるのは至極、自然なことであると言えるのです。

有機米とは

JAS有機規格には、有機農産物の生産方法の基準として、 『・堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に (多年生作物の場合は収穫前3年以上)原則として化学的肥料及び農薬は使用しないこと・遺伝子組換え種苗は使用しないこと』という記載があります。この基準に則って生産されていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみがJAS有機マークを貼ることができます。また、認証は、毎年更新が必要です。(ちなみにお酒は農産物ではないので、JAS有機マークの対象ではありません。国税庁の規定で、JAS有機規格に則った原料を使用している場合に「有機(オーガニック)農産物加工酒類」の表示をして良いとされています。)

アイガモ農法

千代菊が使っている原料米はアイガモ農法により育てられたものです。アイガモ農法とは、有機農法の手法の一つで田んぼにアイガモを放して、除草・害虫の駆除をしてもらい、無農薬でお米を作るものです。
アイガモを田んぼに放すと、
・アイガモは雑草が好物で虫取りもしてくれるので、雑草剤・殺虫剤が不要となる。
・アイガモのふんが肥料に早変わりする。
・アイガモが泳ぎ回ることで田んぼの泥水をかき混ぜるので酸素供給が増え、根元をくちばしでつつくことで根が刺激され、 稲が丈夫になる。
という一石二鳥、三鳥の効果があります。

アイガモ

トップ